メンズ物・リネン素材の白シャツ

PROFILE

mokusiroについて

2009年の冬のことを今でも鮮明に覚えています。

もともと自分のオリジナルブランドをやっていた僕は、都内や地方のお店に卸をしていました。
色々あったけど、結局は他力本願だったように思います。
いや、他力本願でした。

すごく悩んで"店"を始めました。

作り手ではなく、売り手になろうと決意しました。

でも…
約半年、僕じゃない誰かが考えてくれた素敵な洋服を販売するだけでは、満足できなくなってきたんです。
そんな気持ちがふつふつと自分のなかに湧きはじめたころ…。

冬の匂いがし始めたある日。
お店でいつもどおり接客をさせていただいていた時に、雪が降ってきたんです。
その白い雪が地面のザラついたグレーのアスファルトに落ちていく光景がすごくきれいで…。
直感的に、白とグレー(アスファルトの雰囲気から杢グレーがいいな)だけの洋服を創りたいと思ったんです。
店にはたくさんの素敵な洋服をセレクトしていたので、2色だけの色にこだわったブランドって面白いかもしれない。
(※杢(モク)グレー…グレーでも単色ではなく、複数の糸を混紡したもの。霜降りのグレー全般を指しています。)

ブランド名にはそんなに意味をもたせたくなかったので、シンプルに杢(モク)グレー+白(シロ)を
重ね合わせて名付けました。
mokusiro(モクシロ)
今はこの名前の響きもすごく気に入っています。

翌2010年春に、洗いざらしで着られるような白いコットンのシャツを作ったのが始まりです。

ブランドのコンセプトは杢グレーと白のみのアイテムを創造すること。
色・素材を最大限引き出せるようなシンプルなデザインを心掛けています。

最大のテーマは"変わらない価値観"の追求です。
半年後にセールになるような洋服は作りたくない。

いいものはいつだっていいはず…。

定番と呼べるくらいの自信作を毎年作り続けたい。
何年か着て、ボロボロになって、買い替えたくなった時に同じものを差し出せる自分でありたい。

誰かの欠かせない日常の道具のような洋服を創るのが僕の夢であり目標です。

大好きな洋服を生業にできている幸せを日々感じながら mokusiro を創っています。

mokusiro

Information

mokusiro
〒506-0026
岐阜県高山市花里町5-6

mokusiro オリジナルリネンシャツ。
素材にもパターンにもこだわった
物作りをしています。

  • info@mokusiro.com
  • soundgarden-shop
  • facebook
  • Instagram

PAGE TOP